30代向けの化粧品を購入【おすすめメイクケア用品プラン】

若い女性

美しいママであるために

妊婦中のケア

鏡見ている女性

胎児が大きく成長することでお腹や腰、お尻の皮膚がそれについていけなくなって出来たり、乳房の発達や体が太ることで乳房や二の腕にも出来る妊娠線。弾力性に富む皮膚をもつ体質であれば出来にくい。また皮膚が乾燥している状態だと皮膚のバリア機能も弱い。そこで、クリームを塗って保湿し、皮膚を保護したり伸縮し易い状態を作ることで妊娠線を予防する。また妊娠線は、できると治りにくいため予防が大切。クリームにも色んなものがあるが、何を選べばよいのか…。妊娠線予防効果のある高価なものから、手頃な普通の保湿クリームまで。お金がかかってもしっかり使えるのであれば高価な物で良いと思うが、これから産まれてくる子どものことを考えて節約を考えているのであれば、安価でたっぷり使える物で良い。

ではどんなものを選ぶか

妊娠中の皮膚は伸びることで薄くなっており、肌はダメージを受けやすいデリケートな状態。よって、刺激の強いものや皮膚を乾燥させるアルコールを成分に含むものはあまり良くない(アルコールは揮発性であり蒸発する時に肌の水分も奪われます)。塗る部位はほぼ全身で、クリームの量もかなり消費することになるため、たっぷり使える容量のものがお勧め。お金をかけなくても、肌に優しい成分で容量があり、保湿効果のあるクリームであれば妊娠線予防に充分効果がある。高いクリームだからと、たっぷり使えなければ妊娠線は出来てしまうから。そして、お風呂上がりに出来れば浴室内で塗ることで、皮膚からの水分の蒸発が抑えられる。冬場は保湿クリームを塗っている間に体が冷えるといけないので、保温にも注意して…妊婦に風邪や冷えは禁物。